ご由緒

ご由緒

当社は東六甲山麓唯一の霊場で、天然記念物の森におおわれた霊験あらたかな神社です。
創立不詳といわれるぐらい由緒深く、甑岩を霊岩とし、今なお全国的に信仰を集めています。
また、古代信仰の磐境(いわさか)・磐座(いわくら)祭祀と呼ばれ学術上でも貴重とされています。


今を去る、千年前の延喜式神名帳に大国主西神社が記録されていますが、そちらが当社であろうと云われています。正保年間(西暦1644年頃)に社殿が再建され、明暦二年(西暦1656年)の八月十六日に円満寺の教順僧侶が「福神」の総本社西宮神社より蛭子大神を勧請し、蛭子太神宮と称しました。
以後、数回社殿は修復されたましたが、現在の見事な片削破風羽流造のご本殿は昭和十一年に、また、拝殿は昭和五十八年に御造営となったものであります。


歌謡に『杜のふもとに甑を立てて、招く湯の里ヨホホイ越木岩』とうたわれて、越木岩・苦楽園・夙川・鷲林寺・柏堂という関西の高級住宅地の産土神(うぶすながみ)としてあがめられていいます。

重要有形民俗文化財 『おかげ踊り図絵馬』 天保2年(1831年)

  • おかげ踊り図絵馬画像
  • おかげ踊り図絵馬画像

上新田地区、下新田地区から1面ずつ納められた絵馬です。伊勢神宮へのお参りを記念したもので、西宮市指定有形民族文化財となっています。

ご祭神

  • 恵比寿様画像

     

    それまでの磐座(いわくら)祭祀の頃を経て正保年間(1644年頃)に社殿が再建され、明暦2年(1656年)8月16日、円満寺の教順僧侶が「福神」の総本社西宮神社より蛭子大神(ひるこおおかみ)を勧請し、蛭子太神宮と称しました。


    蛭子大神とは“えべっさん”の事です。

  • お社外観
  • お社内観
  • お社内観
  • お社内観
お社内観